読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

この前本屋さんをのぞいたら 内藤 了著角川ホラー文庫

猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子シリーズBACKが出ていたので

買って帰ってきた。

このシリーズはONからずーと読んでいて

ごく普通の比奈子新米刑事が 記憶力と庶民的??な感覚で

チームで猟奇的な事件を解決していくという話です

 

比奈子さん光寺名物 八幡屋磯五郎の七味唐辛子

大好きでなんにでも振りかけて食べている

ココアにも振りかけこの辛さと甘さがイイと言っている

 

八幡屋礒五郎の七味唐辛子 14g (缶入り)

八幡屋礒五郎の七味唐辛子 14g (缶入り)

 

 スーパーウーマンでもキャリアバリバリウーマンでもない

比奈子さんがチームで事件を解決していくのだ

グイグイ読んでしまいます。

 

ONE  猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)

ONE 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)

 

 

本 

これから 読んだ本や読みたい本について

書いてみたい また 本の内容に関連することなども

書きたいな。

 

今 読んでいる本

ハヤカワミステリー文庫の「時の娘」ジョセフィン・テイ著

この本と出合ったのは 高田崇史さんの本のあとがきに歴史ミステリー

の海外の本として 紹介されていたのがきっかけで

読みはじめた。

海外物はあまり読まない テレビでコナン・ドイルからアガサ・クリスティー

ミステリーものを見るのは大好きなのだが 本は何故かよまないなぁー。

 

時の娘はグラウンド警部が薔薇戦争のころのリチャード3世の肖像画を見た

事で どんな人物であったかを 探っていく物語です。

まだ 本の半ばなのです なかなか読み進めないのですが 面白い!!

クラウド警部は骨折で動けない身であるが 時間だけはたっぷりと

いろいろ本を読み 推理していく

私はあまりイギリスの歴史は よくわからないのだが

なんとなくその時代の王族たちの様子を想像しながら

ゆっくりと読んでします。